コンテキスト

私は数日前にNAS Western Digitalのそれを買いました MyCloudミラーのGen2. この1は、DLNA Twonky Serverに付属し、また、プレックスをインストールする可能性を提供しています.

プレックスを持ついくつかのテストの後 (これは、このNASは重すぎることを証明し、私のライブラリーのサイズに比べて), 私はTwonkyに返さ. 問題, バージョンは最新のファームウェアに含まれていることです (現在 2.21.111) あります 7.2.9 それが既に有しています 2 年. だから私はネットをスキャンし、それを更新することが可能であったかどうかを確認するためにNASを改ざん.

チェックした後, 私は、提供サーバーが読み取り専用エリアに位置していたことを見ました, でも、rootユーザーの, それを直接変更するには, 同じNASのファームウェアのいずれかをコンパイルするが、何の代替はありませんでした, 付随するリスクに (NASをブロック).

私は、パスワードサーバが起動していることも見ました, 実際には, すべてのファイルへのシンボリックリンクを含むファイルによって、 (フォルダを除きます) ロックされたエリアに位置. だから私は、サーバーの新しいバージョンとのリンクの完全な、このフォルダを交換しようとしました. 結果 : それは動作します !!! 反対のために, NASに付属のライセンスがそのバージョンでのみ動作するようです. 結果, あなたが限界によって制限されないためにライセンスを購入する必要があります 30 日 (ライセンス 価格はたったの15€月).

手順

ここでMyCloudミラーのGen2にTwonkyを更新する手順は、 (そしておそらく他の最近のNASモデル上のWestern Digitalから).

  • お使いのNASインタフェースにログイン, 設定]に移動 - > マルチメディアとDLNAメディアサーバーを無効にします.
  • [設定]に移動 - > ネットワークおよびSSH機能を有効にします (あなたはユーザーsshdのためのパスワードを指定する必要があります).
  • 最終的にで設定されます - > ツールとあなたのNASを再起動します (Twonkyが起動しないことを確認するために).
  • ここTwonky最新のマーベルアルマダプロセッサをダウンロード : HTTP://www.twonkyforum.com/downloads/ (現在のバージョン 8.3)
  • NASの全体構造にアクセスするためのSCPクライアントをダウンロード (例えば. WinSCPのポータブル)
  • そのIPにより顧客のSCPを起動して、NASに接続します, sshdのユーザー名とパスワードとして事前に定義されました.
  • すべてが良好な状態であれば, あなたは、サーバーツリーが表示されます. その後は/ usr / localに行きま​​す
  • あなたは、フォルダが表示されますTwonky. それの名前を変更しtwonky_bak. (場合にはあなたがファームウェアに含まれているバージョンに戻します)
  • フォルダを作成し、以前ダウンロードしたアーカイブサーバーのコンテンツの中に置かTwonky.
  • ファイル/フォルダのパーミッションを変更 776.
  • コピー (そして、交換してください) 次のファイル, / usr / local /モジュール/ Twonkyには/ usr / local / Twonky (それぞれのディレクトリで)
    • twonkyserver-default.ini
    • twonky.sh
    • リソース/ devicedescription-WDMyCloudMirror.txt (アンルrenommant devicedescription-カスタムたsettings.txt)
  • お使いのNASインタフェースにログイン, 設定]に移動 - > マルチメディアとDLNAメディアサーバーを有効にします.
  • すべてが良好な状態であれば, Versionフィールドは、新しいバージョンが表示されるはずです. この場合、, あなたはまだTwonkyインターフェイスに行かなければなりません (<ip_du_nas>:9000) それを適切に設定します.

Twonky 8.3 Twonky 8.3

反対のために, 重いという欠点があります : あなたのファイルは、再起動のたびNAS上のリンクを削除し、再作成されます. したがって、全体の手順を繰り返します.