義理空港に7時30分に参加するために出発日曜日の朝 (午前9時30分開始).

手続き後, 少し待ちます, ここでは、パリCDGに私たちをもたらし平面上にあります (マダムのための最初^^).
CDGで同じこと : いくつかの手続き, 少し待ちます (そしてイベントの小さな) 東京成田への航海.

イタリアの祖母の12時間のフライトの後、会社フランス語や英語の単語を理解していませんでした, 我々は8.30 / 9時の周りに成田に到着します.
移民手続きの後, 荷物を取得し、通関, 私たちはここ日本で最後にしています.

私たちは、Pocket Wifiの回復を開始します, ケースには15JにSIMカードを取ります, 我々は、無制限の列車の大多数を楽しむために私たちのJRパスを回復すると、私たちは成田を残します.

私たちは、使用しました 2 列車 : Le Narita Express de Narita jusqu’a Shinagawa, et ensuite un Shinkansen Hikari (日本の電車) アップ 京都. 私たちは、地元の製品と日本のお弁当を味わうためにこの旅行を利用しました (それは食事のトレイであります).

かつて京都 (2時45分〜午後へ), 低温と徒歩でホテルとの良好な20分の徒歩の方. インストール荷物一度と良いシャワーの後, 17H15, 残念ながら閉鎖された聖域西本願寺に向けました (どうやらリノベーションのための). 突然に, 私たちは、私たちに道を続けます tour de Kyoto そして展望台は高い100メートルに位置して.

その後, 中に到着する京都の街中を散歩 四条通り 京都商業の中心地, 食べ物を見つけるために (それは7時30分、午後/ 20Hについてです). 私たちは、上で私たちの観光スポットを投げます 小さなレストランのラーメン, 量の高価が、おいしい料理と寛大な (これらのペースト, 豚肉片および他の成分, すべてのブロス中). すべての良いことだ雰囲気の中で^^ (チーフと従業員が歓迎の少しのフレーズとすべての顧客を迎えます : Irasshaimase (いらっしゃいませ).

その後, ホテルに戻って、私はPC上で居眠りを避けるために、これらの行を書いて^^