京都の2日目, 私たちは、街の南にいくつかの神社を訪問し、数時間を過ごすことにしました, 午後, パークシティ Nara.

7時半に目覚まし時計. 朝食後 “驚くべき” (それはより多くの朝食よりもランチのように見えました), 我々は中乗るために行くために9時15分の周りにホテルを出発します 東福寺. 私たちは機会を得ました, 突然, 市バスをしようとします.

この短いツアーの後, 我々は我々の方法を作りました Fushimi Inari-taisha, 典型的な日本の小さな通りを. 静かな通り、私たちは聖域に到達するまで (〜11時15), 満たされた世界 (京都の大きな観光地の一つであります).

短い祈りの後やって日本の道を、次の (鐘が鳴らされます, 我々曲線 2 時間, あなたはあなたの手をたたきます 2 時間, 私たちは祈るし、我々は戻って、再び曲げ), 我々は鳥居で満たさ有名な道路に沿って取り付けマウント稲荷を行うために始めました. これは、分岐路の1に搭載されています, 京都のビューを持つことが許されています.

その後, それは奈良の町に電車に乗るために聖域の入り口に下がりました (〜12h30). 〜の45分の列車の後, 天気は午後に雨を予測していたので、私たちは傘を取るために店に行ってきました, そして、それは見逃していません. 5分後, 滴が落ちるようになりました. これは、大雨ではなかったです, しかし、十分な傘を使用する必要がします.

したがって、市内の主要な文化の魅力に行われました : ザ・ 東大寺 そして彼の偉大な仏15メートル. 多くの児童と大学生/高校生があったので、それは明らかに一日の授業店でした. 奈良はまた、多くののために知られていることに注意してください 鹿/鹿ニホンジカ 大規模な都市公園内に存在 (約千) 恥ずかしがり屋. より冒険は彼らにジンジャーブレッドパンケーキを与えることを試みることができ、, 一般に, 自身が他の鹿/鹿に囲まれて見つけました.

寺院を訪問した後、, 私たちは公園で少し高いを総括し、我々は停止しました 小さな家族経営のレストラン 少し食べます (〜15H).

食事が終わった後は, そしてまだ雨が降っていたとして、, 我々は最終的に京都に行くことにしました. 一度に到着, 我々はに入りました モール 私たちは私の半分のために新しい靴を必要とするので (彼女が身に着けていた1は、行進や雨の日をサポートしていませんでした). 最後に, bredouilleで明らかです.

ホテルの路上, 私たちは、ファミリーマートの角に前菜としていくつかのものを買うことにしました (Aコンバイン, オープン食料品24時間/ 24, 7J / 7). この小さな飲み物の後, 我々は中になってしまいました petit restaurant de Yakitori (肉の串焼き).

終了するには, その日のデザートと終了を持ってコンビニへの旅.